HOME > 講師ブログ

講師ブログ

328号 徳川将軍の背比べ

2021/12/07
丹波篠山市の学習塾 レオ

328号 徳川将軍の背比べ 高田貴美彦
  
 愛知県岡崎市の大樹寺というお寺に、少し変わった歴代徳川将軍の位牌(いはい)がお祀(まつ)りしてあります。
位牌は、亡くなった人の名前、戒名(かいみょう)が書かれた木の板です。

  さて、このお寺の位牌が何故少し変わっているかというと、14柱ある位牌の高さが全て違っているということです。
  ※位牌の数え方の単位は「柱(はしら)」です。
歴史を勉強した人は、徳川将軍は15代までありましたから1柱足らないことに気づきましたね。

15代将軍徳川慶喜(よしのぶ)は、神式でお葬式をあげたため、仏式の位牌は残っていません。

で、話を戻して。
この位牌は全て、各将軍が亡くなった時の身長を表していると言われています。
14人の身長をみていきましょう。
 初代家康 159センチ
 2代秀忠 160センチ
 3代家光 157センチ
 4代家綱 158センチ
 5代綱吉 124センチ
 6代家宣 156センチ
 7代家継 135センチ
 8代吉宗 155.5センチ
 9代家重 151.4センチ
10代家治 153.5ンチ
11代家斉 156.6センチ
12代家慶 153.5センチ
13代家定 149センチ
14代家茂 151.6センチ

はい、皆さん小柄ですね。
僕も、ちょっとびっくりしました。
生類憐みの令を出した5代将軍綱吉は、124センチ。
現代の小学2年生の平均身長です。
ま、8代将軍吉宗は、身長180センチ位あったという記録もありますから、全てが中には間違っているものもあるかも知れませんね。

  この時代の平均身長は、男性155センチ、女性143センチ。
特別に小さいのではなくて、皆さん平均です。

ちなみに、同時代の人を見てみると。

坂本竜馬  173センチ 体重80キログラム
西郷隆盛  179センチ 体重109キログラム

現代人でも十分通用します。西郷さんはちょっとメタボ体型です。

次は、昭和から平成・令和。
      昭和23年                平成19年
身長 女性:150cm/男性:161cm  女性:161cm/男性:171cm

ずいぶんと伸びました。
令和2年の記録は、男性172センチ 女性161センチ。
男子はまだまだ伸びています。

  現代を別にして、歴史の中で一番平均身長が高かった時期は、弥生時代後半から古墳時代にかけてというデーターがあります。
おそらく、食事が一番の原因でしょう。
この当時の人々は、何でも食べていました。
穀物・野菜・肉。
  仏教が入ってから、肉食が禁じられていたため、動物性のたんぱく質の摂取がほとんどなく、時代が下がるにつれて成長しなくなってきています。

  現代、ぐっと伸びてきているのは栄養のバランスがとれている食事のおかげでしょうね。
  歴史もこうしてみると、単に教科書や資料集に書いてある「活字」だけの世界ではなく、人が動いている「ドラマ」になってくるような気がします。