HOME > 講師ブログ

講師ブログ

294号 鬼滅の刃 高田貴美彦

2020/11/23
丹波篠山市の学習塾 レオ

294号 鬼滅の刃 高田貴美彦
  
  10月31日の公開から、観客数1700万人、興行収入233億円を突破した映画『鬼滅の刃』。

  恥ずかしながら、高田貴美彦。
この年になるまで、「一体何のこと?」って程度でした。

  小さな子どもたちから高校生まで、子ども達と一緒に過ごしているのに、これはいけないことですね。



どうして、大人からそして小学生の子ども達の心まで「がっつり」鷲づかみにしているのか考えてみました。



  で。

なぜか家に『鬼滅の刃』のマンガが全巻ありました。

そういえば、家の息子がコロナ自粛で家にいてる時に「大人買いした」と言っていたような。
その時は、「無駄遣いして」とこっぴどく叱りましたが、これは数年に一度のいい仕事しました。

Good job! 息子。

  1巻から読み始めましたが、難しくてわかりません。
10巻位まで読んでやっとわかりかけました。
技の名前が漢字のオンパレード。
勉強になります。

おじいさんに近いおじさんになると新しいものは1回では入ってきません。

  気を取り直して。

初心にもどり、再度1巻から。
竈門炭治郎君という少年が主人公。
話のあらすじは書きません。
高校生の授業で、ちょこっと話をしたら怒られました。

「先生、やめてください。私まだアニメしか見てないし映画も観てないんでネタバレは・・・。(-_-;)」と。
ごめんなさい。

僕なりに、なぜ『鬼滅の刃』が子ども達に人気があるのか考えました。
自分達の年齢に近いというのもあります。
親しみやすい。これは大きいですね。

ネタバレのない程度に心に残った炭治郎の言葉から。

真っ直ぐに前を向け!!
己を鼓舞しろ!!
頑張れ 炭治郎 頑張れ!!
俺は今までよくやってきた!!
俺はできる奴だ!!
そして今日も!!
これからも!!
折れていても!!

俺が挫けることは絶対に無い!!

これだけで、炭治郎が愛しくなりました。

また、弱虫ですぐにあきらめてしまう同じ「鬼殺隊」の隊員我妻善逸の次の言葉も。

炭治郎… 俺…守ったよ…
お前が…これ…命よりも大事なものだって…
言ってたから……

炭治郎の妹禰豆子が入った笈(おい)を守っていた善逸。
ちょっとした言葉にも、子ども達の心の糸に触れるものがあるんでしょうね。

さ、話が面白くなってきたところで、次を読もうと思ったら19巻までしかない…。

息子…。中途半端…。なかなかなり…。by halves ←高校生は意味調べてね。
ってことで、20巻以降は12月4日までのお楽しみにしています。
中学生・高校生ともに定期テストが始まりますね。
お楽しみは我慢して、勉強に打ち込んでくださいよ。

「鬼滅の刃」が「期末がヤバイ」にならないように。